2015年8月7日金曜日

【更新】麻雀収支計算表 草標v2.1.5

麻雀収支計算表草標v2.1.5を公開しました。
このバージョンでは、データバックアップや機種変更の対応を行いました。

更新内容

データのエクスポート・インポート機能を追加しました。
レートに点4を追加しました。

機種変更について

この機能追加については、やるやる詐欺で長い間放置していました。すみません。
何パターンかデータ引継ぎ方法を悩んだのですが、データのエクスポート、インポートという形で機能提供することにしました。
データファイルを移行させる方法は色々ありますが、具体例としてGoogleDriveというオンラインストレージサービスを利用した移行方法を説明したいと思います。

1.GoogleDriveを準備


機種変前、機種変後のスマートフォン両方で、GoogleDriveアプリを起動し、利用できる状態にしてください。(アプリ名は「ドライブ」になっていると思います。)
アプリが見つからない場合はダウンロードしてください。GooglePlayからダウンロードする場合はこちら

※機種変前のデバイスでインターネット接続ができない場合はWi-fiを利用してください。Wi-fi環境がない場合は、機種変後のスマートフォンでWi-fiテザリングを有効にすると、機種変更前のスマートフォンでもWi-fi接続できるようになります。

2.機種変前スマートフォンでの操作

「設定」画面で「外部ストレージにエクスポート」を選択します。

データのエクスポート完了後、機種変後のスマートフォンにデータを渡すため、続けて「送信」を選択、GoogleDriveアプリを選択してエクスポートしたデータをアップロードします。

※エクスポート機能が見当たらない場合は、草標を最新版にアップデートしてください。


3.機種変後スマートフォンでの操作


GoogleDriveアプリを起動し更新、先程アップロードしたデータをタップすると、草標アプリのインポート画面が反応します。
インポートすると、アプリ内の成績・雀士データが入れ替わっているので、確認してください。


その他


・要するにksdbファイルをインポートするとデータ入れ替えができるので、GoogleDriveを利用しなくてもデータ移行は可能です。(あくまで便利だよ、という紹介です。)

・pcを介してファイル移動やbluetoothのファイル送信などを利用した場合は、ファイル移行後に草標アプリの「設定」画面「外部ストレージからインポート」をお試しください。

・不明な点があればお気軽にコメントしてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿